どもりのある子どもに対しての接し方

どもりのある子どもに対しての接し方

親戚の子どもにどもりがあったのですが、この間、1年ぶりに会うとすっかり改善されていました。詳しくはどもり 原因で!

 

何でもお母さんが相当努力されて、父親もそれなりに頑張ったみたいです。

 

どういうふうに頑張ったかというと、とにかく息子の話をしっかりと聞くこと。
それから話かけるときは落ち着いてゆっくりと話しかけること。

 

もともとお父さんのほうが、子どもの話を途中で遮ったり、早口だったりする傾向があったので、
それを改善するように、お母さんが指導したのも良かったみたいです。

 

それを根気強く続けた結果、数ヶ月で子どものどもりが改善したのだとか。
最初はお父さんのほうは半信半疑で、妻が言うから仕方なく…という感じだったみたいですけど、その効果に驚いていましたね。
やっぱり親の接し方っていうのは重要なんだなって思いました。
これは別にどもりに限った話ではなくて、だいたいのことに言えるのでしょうけど。心配ならどもり 原因こちらから

 

 

何にせよ子どものうちにどもりを改善することが出来て、良かったんじゃないかと思います。